Return to site

ご飯の撮影は
シャッター音が小さい方がいい

マナーシャッター音のメリットと利用方法

たくさんのカメラアプリ
今、カメラアプリは、1000個以上がアプリストアにて公開されています。中には、無音や、サイレント、マナーシャッター音を特徴にしているアプリもたくさんあります。ただ、アプリはどんどん高機能化の一途です。実際に、アプリを使いこなせている人は多くありません。一方、撮影した画像を加工するアプリは、LineカメラやInstagramなど、かなり皆さん使いこなしているようです。ダイエットカメラは撮影に特化し、それら画像加工アプリと一緒に使ってもらう事を考えています。
食事の撮影時の問題
重要なことは、周囲の迷惑にならず、すぐに撮影して、食事を開始できる事。使い慣れないカメラアプリの設定を変更している時間はありません。
ダイエットカメラは起動するとすぐに、カメラ撮影になっています。まずは設定なしでOK!
シャッター音が小さいメリット
食事の撮影にはシャッター音が小さい方が良いとダイエットカメラでは考えています。
理由はずばり、1回でも気が引けて撮影できないと、レコーディングダイエットが続かない!
その他、実際に周囲のお客様に迷惑がかからない。音が出る事で同席している人との話が切れてしまう事がない。などもメリットです。
マナー撮影の方法
基本設定なしでOKですが、設定等、詳しく知りたい方はこちら。
iPhoneの方
元々シャッター音が小さくなっています。更に端末をマナーモードにすると、最小音での撮影が可能です。
Androidの方
はじめは無音撮影モードです。赤い囲みのボタンを押すと音有りと無音カメラの切り替えを行います。
ぜひ、無音&マナー撮影で簡単レコーディングダイエットの継続を!
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly